FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 



最新?ユチョン

●ユチョン「10Kg落ちたが、演技も面白い」
20101107_699700.jpg

『成均館スキャンダル』での演技'ぴりっと'デビュー

(ソウル=連合ニュース)ユンゴウン記者=「演技の楽しさを確かに感じたし、これからも続けていたいんです。
歌手と演技活動をうまく並行していただきたいと思います」

パク・ユチョン(24)。 彼の演技者デビューは、ぴりっとした。

アジアを号令する東方神起出身JYJのミッキーユチョンではなく、演技者パク・ユチョンとして臨んだデビュー作『成均館スキャンダル』が爆発的な人気を呼び、彼は今、歌手と演技、二匹の兎を追うことができるようになった。
すでに演技者としても確実に席を占めたRain(ピ)、イ・スンギに次ぐ逸材の可能性が見える。

『成均館スキャンダル』放映終了後の2日間、疲労に悩まされたが、彼に5日夕方、ノンヒョンドンJYJ事務室で会った。

インタビューのために、過去6ヶ月間伸ばした髪をすっきり切って現れた彼は、「撮影しながら、10Kg減り、2回病院に運ばれて点滴を受けたが、あまりにも幸せな時間だった」と明るく笑った。

礼儀と法度を守る立派で艶がないイ・ソンジュン、若いわりには慎ましい新人俳優パク・ユチョンは、終始明るい笑顔を浮かべて、長い話をした。
しかし、過ぎ去った時間の中、パク・ユチョンの姿は、撮影はきつかったし、今の熱狂的な反応が、人間の限界をテストするための熾烈な努力のおかげで出てきたことを感じさせた。

- 衣冠の姿がよく似合った。 普段韓服を着たりする?

▲全然ない。 祝日も着ない。
ところが幸いにも似合うという声を聞いてうれしかった。
まげを結い、韓服を着ることに対する恐怖はなかった。
むしろそのようにして時代劇に出演することは、歌手としての私の姿とは別と考えていた。
最初の撮影の時の演技が未熟だから台詞なしで歩いていくのを中心に撮ったが、『士らしい』という言葉を聞いて気持ちよかった。
しかし、一方では外観がよく似合うというので、演技もそれに合わせて上手にしなければならないと考え、より多く負担になったりした。
母が撮影現場に一度、密かに来たが、現場で扮した私の姿を見て別人のようでありながらもよく似合ってびっくりしたと。

- 史劇大使が容易ではなかったのに。 また、セリフがとても長かった。

▲実際大変だった。
それもフュージョン時代劇だから、セリフを史劇にしないと注文を言っていたが、どうしても時代劇への固定観念があり、見たら史劇トーンを続けて意識するようになったよ。
イ・ソンジュンが年も幼いのに、私がしきりに正統史劇のトーンに大使を打とうとして大変だった。
セリフの暗記は基本だと思ってたから、完全に覚えようとした。
ドラマ初盤『後半になれば2時間寝かせてもらうのも大変』という言葉を聞いて、実際にそのような状態に追い込まれたが、それでもセリフのNGはしないしようと努力した。

- デビュー作であり、JYJ公演と並行して殺人的なスケジュールだったにもかかわらず、毎回いい姿を見せてくれた。

▲病院に2回運ばれたりしながら、俳優たちが本当に苦労して仕事をするんだなと感じた。
時間が少しでもあれば食べることよりも睡眠を優先し、演技に対する負担で、気楽にご飯を食べることができない感じで食べるようになったよ。
食べればすぐに載せられて、つまみ食いですませたところ10Kgやせた。
移動しながらでも寝なければならないのに、セリフを覚えなくてはいけないし、そうすることもできなかった。
その中で、公演スケジュールまで消化しなければならなかった。
そのように窮地に追い込まれる分、かえって雑な考えが入らなくて、痛くて、なによりシナリオにのみ集中するようになったよ。
撮影場にいくら多くの人が集まっても、シナリオだけ目に入った。
終盤には特に時間がなくなったが、だからもっと努力した。 公演のために数日空にしたので、他の俳優らがNG出すことと私が出すことは違うと考えたし、申し訳なく思い、できるなら1~2回で[OK]を受けるとつもりで準備をたくさんした。
『前回の話より演技がよかったよ』という話をたまに聞いたが、自分にそんなことを感じる余裕は全くなかった。

- 演技をしてみたらどうだったのか。

▲本当におもしろかった。
面白味は確かに感じたが、していると欲がずっと出てくるよ。
父親役のキム・ガプス先輩がとても素敵な演技を見せてくださって、よく指導していただき、大きな助けを受けた。
先輩と呼吸を合わせながら、鳥肌がたったことは一、二度ではない。
途方もない「フォース(力)」を吹きだされたし、おかげさまで私も予想よりも良い演技をこなすことができた。
憧れる俳優はキム・ガプス先輩とユンソク先輩だ。

- 市場通りで、同性愛の告白のシーンが圧巻だった。 涙を流すのを見て多くの人が驚いた。

▲その場面は本当に時間がなくて夢中で撮った。
放送が間もない状況だったので、NGを出しても直す時間がないほどであった。
龍仁民俗村は見物する人がとても多かったのですが、NGを出すと演技だけ損害を出す状況ですから、必ず一度でOKを出そうと思った。
幸いにも2回でOKを受けた。
最初は、あまりにも涙がたくさん出てきてNGが出た。
涙が自然に出て胸がいっぱいだった(笑)。
普段俳優たちが一体どうやってるのかとても不思議だった。
完成した作品には悲しい音楽がかかるけど、現場には、音楽もないじゃないですか。
『どのように泣こうかなあ。
誰かがそばで音楽を流してほしい』と思ったけど、感情に没頭したら泣いていたよ。
その後、涙や感情に自信がついた。

- イ・ソンジュンとしては、いつでも最高に幸せだったが、俳優としてはいつ幸せになったのか。 また、どのような悩みがあったのか。

▲その頃には感じることができなかったが、2日に撮影終えて帰る車の中で、台本を再び見て、振り返ったらイ・ソンジュンはグク・チョバン父が成均館の入学を祝うときが一番幸せだったようだ。
演技をして、『これから私が演技をしてもできるんだな』と思うと良かった。
切なかったことはイ・ソンジュンが歴史の一線を引くほど大きな抱負を持つ人なのに、私は演技が下手なのでちゃんと全部表現されていないようだ。
初盤のざらざらしてつやがない感じと、後半の人っぽくなる姿が徐々によく合わさっていかなければいけなかったのに、僕が未熟なので何度も初盤の幼い姿が出てくるようだった。

- 最終回が議論になっている。

▲もう少し延長しなければならなかったが、急だったことは事実だ。
率直に言ってハッピーエンドではないことを望んだ。
最後の最後に重い話が多かったが、最後まで悲しげに持って行って終了したらそれもどうだったろうかという風があった。
しかし、20回の台本を受け取り、これをやってこういう結末になったら、この中で見どころを与えようという気がした。
コミカルな部分がなかったら、より残念だったようだ。

- 『ユチョン』が誰なのか知らなかったという30-40歳代の女性たちが大挙してファンに加勢した。

▲話は聞いたが、うーん、なぜだろうか(笑)。
龍仁で撮影するときだけ、おばあちゃんが『イ・ソンジュン』と言いながら僕を調べてうれしかった。
ご家族の方々が『おばあちゃんがイ・ソンジュンを見てときめいておられる』と言った。
昔の話だからだろうか。
感謝している。

- いつから演技がしてみたかったのか。

▲東方神起2集活動後から演技をしたいと思った。
以前に思ったことを今回演技をして感じたのだが、演技しながら、ストレスを受けるよりも、それを通して発散することの方が多いようだ。
俳優は演技をしながら、感情を突き出して様々なキャラクターになることができるので、それを使って多くのことを解くことができるが、実際やってみるとそうだったよ。
元々私は、ぎゅうぎゅう我慢して、後に爆発させる方なのに、イ・ソンジュンは、最初から間違ったことを正して行ってよかった。
アクションシーンも緊張を緩めるために参考にした。

- 歌手ではトップスターなのに今回の撮影で、新人のように謙遜したと褒め言葉が多い。

▲日本に進出する際に再び新人に帰った経験がある。
その時の、人気があってもなくても同じ人であり、人格的に違わないのに、人気があるからといって、そういう素振りをしてはならないという気がした。
そして、演技では新人だったので、当然新人らしくなければならなかったと考える。

- イ・ソンジュンは、朝鮮の未来を心配していた。 パク・ユチョンの悩みは何か。

▲ひとまずは、お父様がとてもたくさん痛い思いをしているので心配になる。
病院にいらっしゃるのにドラマ撮影しながらたくさん取りまとめられないので心が痛かった。
それ以外に最も近い人から尊敬される人になりたいと思う。
周囲の人々から実際こもった心を受ける人になりたい。
これまで私は、忙しく過ごしながら取りまとめられないでいる人なのに、用意できなかったことがあるならば、もう本当に心から用意したい。 今までのことで私も健康な人になりそうだ。
20101107_699701.jpg
20101107_699702.jpg
20101107_699703.jpg
20101107_699704.jpg
20101107_699705.jpg
20101107_699706.jpg
20101107_699707.jpg
20101107_699708.jpg



画像出処:画像内記載




スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。