スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 



頑張れユノ!&インタビュー

ユノ・ユンホ 疲れにもかかわらず スケジュールの強行軍 点滴闘魂

東方神起が点滴闘魂を発揮して、スケジュールに臨んでいる。
2人組みに再編された東方神起は、1月 7日 KBS 2TV「 ミュージックバンク」を通じて、カムバック舞台を持って約 2年 3ヶ月ぶりに国内活動を始めた。
東方神起はカムバック後、最近目が回るほど忙しいスケジュールのなか強行軍を続けている。
ユノ・ユンホは疲れからくる風邪と一緒に、首、鼻風邪までかかって声が出てこない状況。
こういう中でも舞台に上がってライブで歌を歌っていてスタッフらを感動させている。
また、今年上半期放送予定であったドラマ「ポセイドン」のため休む間なしに撮影に臨んでいるユノ・ユンホは、相次ぐスケジュールのため点滴を打って日程を消化していることがわかった。
それでも 久しぶりに国内ファンたちと会う機会がうれしいのかデビュー7周年を迎えたことにふさわしくない新人の姿勢に戻り、活動に取り組んでおり、 周辺の人 々の賞賛が広まっているとのこと。
さらに、メンバーたちのコンディションがあまり良くない状態であったにもかかわらず、指摘するところのない 最高のライブステージを披露して「やはり東方神起」という賛辞を受けている。



「東方神妙 "ふたつがチーム守ること…JYJ 帰って来るのを"2年3ヶ月ぶりに新報…"心配する視線ふるい出す"」

"東方神起の正統性を守るための選択でした。
今は東方神起の2幕でありチームを離れた三メンバーが
所属会社(SMエンターテイメント)と問題を解決して帰ってくるならば
その時東方神起3幕が始まるでしょう。"

2年3ヶ月ぶりに新報'なぜ(Keep Your Head Down)'を発表した
東方神起(ユノ・ユンホ25,チェガン・チャンミン23)は
2人組に復帰することになった背景を尋ねるとすぐにこのように話した。

これらは東方神起の在中、柳川(ユチョン)、遵守が
2009年所属会社と専属契約紛争を行って チームを出て行って
昨年グループJYJで活動する間空白期を体験した。
二時間の間アジア圏最高グループの東方神起の'分裂'`分裂`に
歌謡界とファンは各々残念がった。

最近鴨鴎亭洞(アックジョンドン)でインタビューをした二人のメンバーは
新しい出発に対する整った覚悟と 別れた三人のメンバーに対するの中の話を
初めて取り出しておいた。
二人のメンバーは "舞台に立った我が目にレーザーが出てこなかったか"と言いながら
"私たち二人を眺める心配な目つきを振り切ろうと,私たち自らに失望するまいと
本当に熱心に準備した。
もう私たちは、夫婦のようにお互いを心より理解するようになった"と話した。

◇"二つの個性.融和に焦点合わせたレコード"
それでもグループ内変化がおきたために
二メンバーは新報準備をしながら心配と負担が大きかったように見えた。
新人でない新人になった気持ちだったともした。

"舞台が懐かしかった"というユノ・ユンホは 
"初放送の時、「自分は本来舞台で歌っていた人間だったのだ」という考えに
むかっていた" として、"放送を終えると泣く直前の感じだった"と話した。
何よりも 音楽とパフォーマンスで三メンバーの不在を埋めて
二人のメンバーを調和させることが急務であった。

ユノ・ユンホは
"新しいアルバムでも東方神起の既存の音楽スタイルを続けさせた"として
"チャンミンの高音と私の中低音だと言われているボーカルを生かす曲が
必要だったし、タイトル曲'なぜ(Keep Your Head Down)'が正にそのような曲だ。
二つの音色が両極端なので心配したが、かえって既存色に新しい色が加わった"
と話した。

引き続きチェガン・チャンミンは
"以前に五メンバーのコーラスをたくさん入れたとすれば
今回は二つのボーカルを生かす方向で選曲した"として
"二つの個性を生かすことに重点を置いて 多様なジャンルの曲が収められた。
個性と融和に焦点を合わせたアルバム"と紹介した。

このように、アルバムには 
琴やドラなど伝統楽器の声を加味した'マキシマム(MAXIMUM)'と
バラード曲の'信じ難い話(How can I)',R&Bスタイルの'噂(RUMOR)'をはじめ、
ユノ・ユンホのソロ曲'ハニーファニーバニー(Honey Funny Bunny)',
チェガン・チャンミンのソロ曲'告白(Confession)'など多彩な曲が収められた。
二人のメンバーが披露するパフォーマンスも一層強烈だった。

ユノ・ユンホは"三メンバーの空いた空間を満たそうとした"として
"私たちは ふたつだが二人みたいではない ,双子だが双子みたいではない,
似ているように違うのがコンセプトだった。
二人ですればパワフルな部分が落ちるかと思って さらに躍動的で男性的な
振りつけを選んだ"と説明した。

'なぜ(Keep Your Head Down)'の歌詞が 離れたメンバーらに対する'ディス
(Diss:誰かを侮辱するという意. 歌詞で他人を攻撃すること)'
という 一部ノネットユーザーの見解に対しては
"去って行った女性への一人の男の気持ちを込めた歌詞"としながら
"歌の歌詞が私の話のような時があるように各自解釈する次第"と言った。

◇"JYJ,所属会社と和解がまず"
ユノ・ユンホとチェガン・チャンミンは
チームを離れた三メンバーに対する今の感情をかなり率直に打ち明けた。

"私たちは彼らを待ちました。 だが、
東方神起が忘れられてはいけないから、5年、10年待つことができなかったんです。
その友人らが'正しい、悪い'を離れて、所属会社と葛藤の溝が深くなって
とても遠くへ行ったし、私たちとも連絡をしないで長くなりましたよ。
この問題が解決される時まで 誰かが東方神起を守らなければなりませんでした。"
(ユノ・ユンホ)

彼らとの再結合余地があるかとの質問に対してはかなり慎重な立場を見せた。

ユノ・ユンホは
"この問題は三メンバーと所属会社の対立および訴訟"としながら
"私の口ですべての事情をいうことは大変だが、SM中で東方神起が作られたので
彼らが所属会社と和解して帰ってくるのが合う。
所属会社と解いてこそ私たちと話すのもはやくなる。この状況が残念だ。"
と話した。

最近JYJがインタビューで"過去にも今後も東方神起"と話したことに対する
意見を聞くと、すぐにチェガン・チャンミンが口を開いた。

"東方神起は当初からSMの企画の下作られたチームでしょう。
五人が数多くのファンたちの愛を受けて楽しく活動しました。
私たち二人は 東方神起の枠組みを抜け出したことがなく その場を守りました。
無理を抜け出した鳥が私たちはまだその無理にあると話すのは
矛盾であることのようです。"(チェガン・チャンミン)

二人のメンバーは、自分たちにとって東方神起というのは
個人活動をしながらもいつも帰って休むことができる家だと話した。

ユノ・ユンホは
"今回のことをきっかけに 東方神起の意味が
より一層大きくて貴重なことだと分かった"として
"空白期の間地下鉄路線図のとおり歩いてみることも、山に登ることもした。
山でさらに高い峰に行くなら降りて行って上がらなければならないように
10年、20年が過ぎれば今がどれくらい良い時期だったのか悟るようだ。
東方神起に対する自負心は変わりない"と話した。

◇"日本活動再開、少女時代胸がいっぱい"
二人は国内活動再開とともに日本活動にも再始動をかける。
来る26日'なぜ(Keep Your Head Down)'と'マキシマム'を日本語で入れたシングルを
発表し、来る25-26日'SMタウンライブワールドツアー'の東京公演にも参加する。

東方神起は日本空白期だったのに昨年オリコンが発表した'アーティスト総合売り上げ
ランキング'でグループ 嵐に続き2位に上がった。
しかしこの時期少女時代、カラ、2PMなど数多くのアイドルグループらが先を争って
日本に進出して東方神起の空白を埋めた。

"少女時代が日本で良い成績をおさめて胸がいっぱいだ"というチャンミンは
"私たちはBoA先輩が日本で磨いた道を踏み台みなしてその道に便乗した"として
"また、私たちが切り開いた道を少女時代が歩いた。
だが、少女時代にも私たちが体験したこと以上の他の困難があるでしょう。
その友人らが後輩らのための道を切り開いたら良いだろう"と話した。

引き続きユノ・ユンホは
"少女時代や弟たちが有難いといったよ"として
"少女時代がうまくいっただけ私たちもまた日本で良い結果を得たい"とした。

◇"デビュー後恋愛もしてみましたよ"
2004年10代時期デビューして有名になったために、同じ年頃らが楽しむ日常も
これらには容易でなかった。
いつも'サセンペン(スターの私生活を追うファン'らが追いかけて
行動一つも自由でなかった。

ユノ・ユンホは "ストレスがなければ嘘"としながら
"気楽に一杯のコーヒーを飲んでトッポッキも食べたいが難しいことが多い。
'サセンペン'はまだ積極的だが時間が経てば大丈夫な部分だ"と話した。

引き続き彼は "受験のように変貌する私だけの変装術があるのに
誰も調べてみることができない" と耳打ちした。

東方神起でデビュー後恋愛をしてみたのか という質問には
二人向かい合って笑った。
"当然してみましたよ。 だが、両方の所属会社に話をして恋愛しました。
ハハハ。"(二人のメンバー)
スポンサーサイト
*Edit TB(-) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。